女性の結婚相手の条件

たとえば、プロ野球選手や大相撲の力士、最近でいえばJリーグの選手はいずれも、法外な美女を奥さんにもらっているという点で共通しています。これを、いずれも若い頃から、他の同世代の人に比べて経済力が豊かで、しかもよく遊んでいるから女性を見る目が肥えているからであるとは、かならずしも説明できません。皆さんの誰もが経験していると思いますが、高校に入ってからは文学青年タイプや成績の優秀な秀才もそれなりに女生徒の人気が出てきますが、中学三年生ぐらいまでは、スポーツマンの男生徒が圧倒的に異性の憧れの的になります。これは、先にも指摘したように、女性の脳に、背が高く、体格が屈強で運動神経の発達した男性のほうが配偶能力にすぐれ魅力的であるという、古い記憶がたくわえられているからにほかなりません。
○「優しい」男が結局は選ばれない理由
もう一点、ここで述べておかなければならないのは、女性が結婚相手の条件として、かならずといっていいほどあげる「優しさ」ということです。たしかに、愛し合う二人が一緒に生活していくうえでは、性格的に優しいほうが何かと好都合ではあります。この場合「優しさ」というのは、まず攻撃的ではないこと、次に、「養育行動」を示すこと。そして三番目として、相手に対して支配的に振る舞わないことがあげられます。このうち重要なのは第三番目です。出会いのチャンスはここにあります。→結婚相談所 比較 が、そこから先は自分で頑張らなきゃならない。ここを読んでいるあなたなら大丈夫。

EZ061_L

社会的なステータス

昔風にいうなら、目鼻だちがいい男というわけですが、男性の容貌における優位個体とは、鼻が高く、鼻筋がとおっていて面長であることをいいます。また、丸くてあまり攻撃的でない顔も優位個体に含まれるでしょう。ただし、日本ではこの場合、最近のショウ油顔とソース顔という立て分けでいうなら、ショウ油顔的というか要するにおひなさまのような顔のことをいいます。公家顔などと呼ぶ人もいますが、いうならば、現在の天皇家に代表されるような顔のことです。顔には社会的なステータスがあらわれるという前提があり、それが「配偶行動」を刺激するわけです。ところが現代は、そうしたステータスよりも情報量の多さのほうが重視されます。「三高」ということにあてはめれば、「学歴」にあたります。いまの日本では、情報処理能力が即サバイバル能力といってもさしつかえありません。一流大学の入学試験に合格する能力、国家公務員一種試験にパスする能力、一流企業の入社試験を突破する能力、さらにそこで昇進していく能力とは、言い換えれば情報処理能力なのです。その意味では、知性的な男性こそ最も条件をそなえていることになるわけですが、実際には現代でも高学歴の男性が無条件に異性をひきつけるわけではありません。つまり、人間の心は、より古い層からの影響をも受けているからです。結婚前に出会いがない 社会人 で、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。

EZ080_L

養育行動を解発する要素

そのため多くの男性は、「かわいい」と思うのですが、女性にしてみると、それはひじょうに腹立たしいわけです。これは、それほど美人でもないのにどうしてあんなに男にモテるのかという思いを抱かせるからです。つまり、「養育行動」を解発する要素を強くもった女性は、同性にはむしろアピールしないのです。
○女性はやはり肉体的に強い男性を求めている
女性が優位個体としての男性を求めるのは遺伝子の命じる行為ですが、心の古い層が求める男性像と、新しい層が求める男性像にはそれぞれ違いがあります。人間の心の新しい層というのは、大脳皮質に刷りこまれる情報から成り立っています。古い層は脳の辺縁系にもとから存在したり、刷り込まれていますが、大脳皮質に刷りこまれる情報にも古い文化的情報に由来する部分があります。古層のレベルにおける〃いちばん頼りになる男″とは、かつて人類の大部分が漁民や農民であったり、あるいはまた戦士や狩人であった時代のことを考えるとすぐにわかりますが、肉体的に強い男性です。女性の多くがスポーツマンを好むのは、スポーツマンの性的能力が強そうだということだけではないようです。スポーツマン・タイプの男性というのはもともと、女性の心の古層に訴える優位個体だからなのです。スポーツマンと同様に異性に人気があるとされるのが、ハンサムな男性です。趣味などが合うパートナー探しなら出会い系 サクラいない ←ここから探しましょう。

EZ091_L

遺伝的な要素

逆に言うなら、「三高」のうち最も遺伝的な要素が強い「背が高い」ことも、遺伝子のサバイバルをかならずしも百パーセント保証するものではないということです。実際、世の男性を見ても、背が高くて金もあるが学歴が低い、背は高いが金がない、学歴はあるが背は低い……など、一人で「三高」の条件をすべてそなえているなどということはめったにありません。そのため、女性の側でいつまでもえり好みしていると、いわゆる「クロワッサン症候群」(若い女性が読む雑誌「クロワッサン』の論調に同感して二十歳代に〃非婚″を旗印にし、三十歳前後になって後悔するという現象)におちいってしまうわけです。ただし、男性の場合は、女性と違って、「配偶行動」をうながされることばかりが決定的なファクターとはなりません。上手に「養育行動」を解発する女性にひかれる男性も少なくないのです。もちろん、「配偶行動」を刺激することと「養育行動」を解発することとは、かならずしも両立しません。このことをよく示しているのが、最近、話題になった女優の裕木奈江さんです。ドラマで与えられる役はおうおうにして、そのルックスに基づいているわけですが、裕木さんの場合、典型的な「養育行動解発タイプ」なのです。本当の性格はもちろんわかりませんが、彼女の容貌、全体の雰囲気はいかにも捨て猫のような感じを与えます。夫婦間で問題が発生したら、このように解決までは精神的にも肉体的にも大変ですので、結婚相談所 選び方 で、相性ピッタリの結婚相手を見つけましょう。

EZ060_L

劣等感

一つは、個人心理学の立場に立つ精神科医のアルフレッド・アードラーが指摘しているように、人間は、肉体面において劣等感を持っている場合、器官劣等感といって、男性的行為に対する憧れを強く抱き、力の強い者になりたい、権力を持ちたいという努力を人一倍かたむけることがあります。もう一つは、そうした人たちが権力を持つためには、自分のまわりの、現実に権力を持っている人たちの「養育行動」を解発することも必要になってきます。その場合、「養育行動」を解発しやすいような肉体的形質、すなわち背が低いことは有利に働くこともありえます。たとえば、武将としてもっとも天才的資質をもっていたということで、日本人の誰もが思い出すのは源義経でしょう。源義経は背が低く体格にも恵まれず、色白で反っ歯だったといわれています。醜男だったかどうかは議論の分かれるところですが、背が低かったのは、『平家物語」など当時の文学作品や種々の記録に出てくるからまちがいないようです。「平家物語」には、こんな話も出ています。屋島の合戦のとき、総大将の義経は自分の低い身長に合わせたひじょうに小さな弓を海に落としてしまいました。それが敵のほうに流れていったのですが、もし敵がその弓を見つければ、源氏の総大将はチビで力も強くないことが相手にわかってしまうので、必死になって取り戻したというのです。また、能の「勧進帳」でも、義経の役は少年がやります。素敵な結婚相手をで、見つけても結婚後に問題が発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。

EZ062_L

優位個体の形質

そうした遠い昔の記憶が、インドの人々の脳裏に刻み込まれていたために、ヒンドゥー教の中から派生した仏教の神像でさえそういう表現をするのです。ところが不思議なことに、こうした征服l被征服という歴史がはっきりしない民族でさえ、同じような観念を持っていたようなのです。たとえば十五世紀から十六世紀にかけて、スペイン人が南米のインカ帝国に侵入したとき、先住民族であるインカ民族は、自分たちより背が高いスペイン人を、自分たちが崇拝する太陽神コンティキに重ねていたように思えます。インカ民族には、それまで一度も、他民族から侵略された経験がありませんでした。にもかかわらず、背が高いということは、優位個体であることを示すサインとして受け止められていたのです。つまり、これは国家、民族を問わない、普遍的なもののようです。○かならずしも背が高ければいいというわけではないが.・・・..もちろん、すべての女性が背の高い男性を求めているわけではありません。たとえば、〃大男、総身に知恵がまわりかね〃という言葉もありますし、英雄豪傑といわれている人の中には、そのものズバリ優位個体の形質をそなえていた人もいますが、現実にはそうでない人も少なくありませんでした。背の低い男性でも、社会の中で勝者になる可能性は少なくないのです。これには二つの理由があります。結婚後の生活で問題が発生し、解決しようとすると、また別の問題が出てくるかもしれませんが、←ここで相性ピッタリの結婚相手を見つければそんな心配は少しで済むでしょう。

EZ074_L

優位個体

そうなれば当然のことながら、高い収入を得られるだろうということです。もちろん、親から相続したものでも、現在高収入であればいいということになります。身も蓋(ふた) もないことを言うなら、自分を十分に養育してくれる、生まれてきた子供にも十分な教育を与えてくれる、いいものを食べさせてくれ、いいところに住まわせてくれ、いいものを着せてくれるということでしょうか。ただ問題は、三番目にあげられている「背が高い」ということです。しかし、犯罪学者のヘルトムート・ニーゼンが指摘していますが、背が高いというのは「優位個体」の一般的な特徴なのです。なぜなら、多くの神話や伝説に登場する神や英雄はたいてい背が高く、色白で、鼻筋が通っているという身体的な特徴を持っています。これに対して悪魔は、鼻が潰れていて背が低く、色黒で、肩幅が狭いのが特徴です。たとえば、古代インドで原型がつくられ、その儀軌が中国を経て日本にも伝わった「天部」の仏像では、小さな餓鬼が、雲をつくように大きな多聞天や帝釈天に踏みつけにされる様子が描かれています。この場合、餓鬼はインド亜大陸に紀元前三千五百年ごろから住みついていながら征服されたドラビダ族を、多聞天や帝釈天は、それから二千年後に侵入してきて、そのドラビダ族を南に追いやったアーリア民族という図式を象徴しているとされています。このアーリア民族は、背が高く、鼻の高いのが特徴でした。コミュニケーションは非常に重要ですので、これからここで→出会う結婚相手とはコミュニケーションを途切れないよう気を付けましょう。

EZ024_L

順位制についての意識

そもそも、より速い車に乗りたがる男性は、他人よりも上でありたいという順位制についての意識が強い人です。スピードの出るスポーツカーほど値段も張りますから、これは経済力があることをも示しているわけですが、同時に卓越した運動能力の持ち主であることを示していると考えられます。というのも、運動能力に優れていないと、いくら高性能の車を持っていたとしても、それを自由に操って飛ばすことはできないからです。一方、女性は、より速い車に乗りたがる男性を見ると、中世でいえば馬に乗って突進する騎士というイメージを抱くことになるでしょう。また、ハーレー・ダビッドソンのような目立つオートバイに乗って駆けまわる男の大多数は、そういう錯覚を女性に与えようと演出していると見ることもできます。
O「背が高い」のは、優位個体の特徴
遺伝子のサバイバルを考えた場合、人間はやはり「優位個体」の特徴をより多くそなえた相手を選ぼうとします。「優位個体」というのは「劣位個体」に対する言葉で、遺伝学上、より長く生存する形質をもったものをいいます。そうした意味では、「三高」というのは、現代の女性たちが認知する「優位個体」の男性の形質の平均値といえるかもしれません。高学歴であることは、より多くの情報を身につけていて社会的な状況についてもよく知っていることを予想させますから、将来成功する可能性が高いということになります。素敵なパートナーにで、出会っても幸せに付き合うには努力が必要です。

EZ049_L

配偶行動

おもしろいことに、これは洋の東西を問いません。日本でも、「源氏物語』の主人公・光源氏は舞いが上手でした。それがいまは、スポーツにとって代わられているのです。男女を問わずスポーツマン、スポーツウーマンが異性に人気があるのはそのためで、「配偶行動」をうながす魅力として、健康であることは欠かせない要素なのです。ディスコでお立ち台に立って、ほとんど裸に近いような格好で踊る女性が一時期大きな話題になりましたが、東洋では、前にも述べたように、肌を露出することは、「私はあなたのものになってもいいわよ」と言っているのと同じです。これは言ってみれば、男性の「養育行動」を解発しようとしているのです。しかし、より本質的には、自分は健康であることをアピールしているのです。お立ち台に立って踊るのは、高い位置に自分を置くことによって、男性に対して自分の美しさと健康(運動能力)面での優位さをより強くアピールして「配偶行動」をうながすと同時に、ほかの女性たちに対しては、「私はあなたたちよりも健康なのよ」ということを誇示しているのです。このように、「配偶行動」の根本は昔も今も変わっていないのですが、現代社会においては、そうしたことをアピールする手段が多岐にわたっています。たとえば、若い男性がカッコいいスポーツカーを持つのに腐心(ふしん) するのも、実は、無意識のうちに自分の健康面での優位さをアピールする手段として考えているからです。恋愛と結婚は違うところが多いですので、←ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。

EZ007_L

健康な女性

そうした相手をつかめば、男性はみずからの性欲動に基づく行動を解発されますし、当然のことながら、それによって相手の女性も妊娠・出産する可能性が高まり、美しい女の子を生んでもらえると考えるわけです。よしんば男の子が生まれたとしても、性的に魅力のある子供であれば、その子供が子孫を残す蓋然性が高くなります。いずれにしても、「配偶行動」としては所期の目的を達することになります。男性の役割は通常、子供をつくるところまでだからです。しかし、実際にその子が個体として健康に生き延びていくためには、母親が健康であることがひじょうに重要な要素となります。当然、体力も必要です。それゆえ、男性は常に体力のある健康な女性を求め続けます。そうなると、女性も自分は健康であることを相手に示さなくてはなりません。もちろん、男性も自分は健康であることを相手に示す必要があります。そのための手段が、古くは武芸と舞踊、そして現代ではスポーツなのです。アーサー王と円卓の騎士を描いた、中世ヨーロッパの数多くの文学作品に登場するランスロットは、背が高い美男子でしたが、同時に並びない槍(やり) の名手でもありました。つまり、当時の男性、とりわけ騎士にとって武芸は必須条件だったのです。そして、もう一つが舞踊でした。これは女性にとっての必須条件だったのですが、男性にとっても武芸同様、重視されていました。もし、あなたが恋愛向きなら、←ここで将来の結婚に向けて経験値を増やしましょう。

EZ040_L